純粋にギャンブルとして競馬を楽しむというわけではなく、単純に確率などで競馬にお金を投じていくというやり方のことを投資競馬と呼ぶことがあります。
実際のところ、投資競馬というのはやり方がいくつもありますのでこれが最高の方法であるとかそういうことがあるわけではないです。
複数のやり方があり、またやり方次第によっては重ねてやってみるということもできたりするので何が良いのかというのは自分の競馬に対するスタンスとか投資に対するスタンスによって違ってくることと言えるでしょう。
例えばやり方として様々な競馬予想ソフトを活用するということも単純にギャンブルとして楽しんでいるわけではなく、投資的なことを目的にやっているといえるでしょうから、これも立派な投資競馬となります。
ソフトを利用する時にはどのような法則を用いてその予想を出したのかということをこちらもそれなりに把握しておく必要性があります。
法則を見つけるということは投資競馬における基本的なポイントであり、例えば普通にギャンブルを楽しむという形で競馬をやってる人でも自分なりの法則というのを見つけ出してその馬に掛金をかけているということが多いです。
つまりは、この馬は短距離が得意で今回のレースは右回りなのでさらに得意であるとかそういうちょっとしたはデータの部分から予想するというのが普通にギャンブルとして競馬をやっている人でもやっていることになります。
これを投資競馬ではさらに複雑に、そして膨大なデータからそれを判断するということはやり方としては最も多いです。
例えば法則として血統というのが競馬の中ではかなり重要視されています。特定の競馬場で強い血統というのがあったりします。
それはオカルトというわけではなく、その競馬場で行われているレースの傾向というような部分にその血統が強い、ということがよくよく統計的に見てみると見つかったりするわけです。
馬は血統が物凄く重要ということは、言うまでもないことでしょう。どんなタイプのレースに得意な馬が生まれやすいのかというようなことは間違いなく血統に依存する部分が少なからずありますので、そこをデータ的にアプローチする、ということも一つの投資競馬として行われていることになります。
オッズからの予想、ということもあります。オッズは意外とこのオッズのときには明らかに当たっても損をする、ということもあったりします。そんなときには意図的にレースに賭けなかったり、排除したりします。
そして、実力の割りに人気が出ないのでオッズが高い、といったような状況の時に狙うわけです。
毎回毎回あるわけではないチャンスですがよいチャンスが見つかった時に投資をするような形で掛け金を投入する、というやり方もあるわけです。
実にやり方が様々なのが投資競馬なのです。