働き方改革により、副業を容認する会社も増えていますが、禁止されている所もまたまだ多いはず。
副収入を得るためには、アルバイトが一番手っ取り早いですが、本業の他に掛け持ちすると体力的にキツイかもしれません。
それに加えて、本業以外にアルバイトなどで収入があると住民税の通知が会社に届き支払う税金が多いと、「この人給料以外にもあるのでは?」という流れでバレてしまうのです。
ところが、ネット副業であれば会社にバレてしまう確率がグンと減ります。
私も副業禁止の会社で働いていて内緒で5年以上副業していましたが、一度もバレたことはありませんでした。
但し、ネット副業でも必ずバレないとは限りません。
特に注意したいのは、個人が推測しやすいFacebookなどのSNSですね。
SNSは情報発信の場でもあるため、ついつい副業のことを投稿したりするのです。
またアフリエイトや転売系の副業を検討している人は要注意ですね。
SNSは集客効果があるので、自分のブログに広告を貼り付けます。
ですので、同僚などとSNSを共有していればバレるリスクも高くなりますね。
そこでバレるリスクの少ない副業を紹介します。
周りにバレにくいネット副業は色々ありますが、クラウドソーシングがオススメですよ。
クラウドソーシングは、依頼者側が不特定者多数
に仕事を発注しワーカーはそれらの仕事を選択して受注するのです。
それがなぜ周りにバレにくいかと言うと、雇用契関係を結ばず業務委託で仕事を受注するからです。
業務委託で仕事をする場合は、税金は基本的に自分で確定申告するのでバレる余地がありません。
こっそりと副業したいサラリーマンやOLにとってはぴったりですよ。
女性の場合は報酬も期待できる水商売などのお仕事もありますが、HPに顔出しするのでそれがバレたり知人と会うリスクが高くなります。
実際に副業が禁止されている公務員が夜のお仕事をしてバレてしまうケースが後を絶ちません。
ところが、クラウドソーシングであれば身バレしないのでリスクを減らせますよ。
クラウドソーシングの魅力は、自分のスキルを売りにできることと、基本的に自宅で取り組める点です。
場所を選ばずに仕事ができるので、アフターファイブは自宅で副業すれば限られた時間を有効に活用できますよ。
本業の仕事をそのまま副業で行っても良いですし、それと別な仕事をするのもあなた次第です。
後はあなたの周りの人に副業している事実を口に出さないことですね。
最初から思うようには行きませんが、経験を積み重ねればクライアントからも認められるようになり努力次第で小遣い以上に稼ぐことも可能になりますよ。