誰もが一度は目にしたことがあるはず。ビギナーズラックで的中したら、これほど簡単にお金かせげるなら競馬で生活できるのでは?しかしラッキーは続かなくて、競馬で生活できない。幸せは一瞬で、ほとんどの人がすぐ現実に戻されたはず。ですが、可能性ちょっとでもあれば諦めたくない。始め競馬で生活するとき一番注意したいことはお金の稼ぎ方ですが、競馬ファンのほとんどが100万馬券みたいな大きな配当を的中させたいといったことがあるはず。100万馬券的中させしばらく遊びくらしお金なくなればまた100万馬券的中。こうしたこと実現できればどれほどいいでしょうか?しかしあなたがもしも本気で馬券生活実現したければ100万馬券を狙うギャンブル性高い稼ぎ方はだめです。そして、100万馬券みたいな高額配当は基本的中しなくて、そもそも100万馬券超えるコース自体少ないことくわえて、普通にかんがえれば回目に入れることできないイレギュラーな馬選ばなくてはなりません。この馬入れておけば、それすら思えないぐらい馬、結果見た瞬間当たってないことがわかるような馬。奇跡的にそうした馬見極められても100万馬券出るレース自体すくなくて奇跡2回続かなくては当たらないです。そして、まぐれで1度はあるかもしれませんが、2度目はないです。なので競馬で生活したければギャンブル性高いものを買う方法はだめです。イメージとして現実的に的中できるレースで利益重ねる必要あります。どうしてギャンブルみたいなかけ方がいけないのかですが、継続して的中させつづけるのがむずかしいのです。競馬で生活する以上長期にわたり稼ぎつづけることになります。そのために精度かわらない安定した馬券、毎週利益出るような高い的中率出せる馬券、こうしたものがあなたに要求されて、そんなことできれば苦労しないと思うでしょう。そして、結論として投資競馬という言葉自体自然発生的生まれた言葉。誰でも馬券で損するよりも儲かって得する方法ですが、儲かったらうれしいというレベルでなくどうすれば確実に利益出せるのかといったことを追求したいです。投資競馬という言葉使われ始めた当時もっぱらマーチンゲールの法則みたいな昔からあるカジノのベッティング法をアレンジしたような予想に一生懸命になるのでなくかけた王だけで利益追求しようといったコンセプトが多くて、その代表格はハートピアの100円だめで始める驚愕財テク新理論が流行ったのです。これが追い上げ方式という方法で、やがてかけかた工夫するだけだと一時期利益出せても長期継続してかけ続けることできないと多くの方学習して急速に投資競馬という言葉見聞きする頻度減ったのです。ですが、投資競馬という言葉自体多くのが競馬愛好家に記憶され、その言葉でネットで検索されることが増えて、競馬予想ソフトで自動投資できないか?といった感じのコピー打ち出してみたりなどコンセプトサイトが多く出現したのです。