今からアフィリエイトをするなら、稼げるジャンルに注視して始めるのではなく、自分の体験談を語れるジャンルの記事を書くべきです。 というのも、以前であればアフィリエイトで稼げるジャンルは健康系や金融系でしたが、今ではそういった稼げるジャンルはライバルがひしめく激戦区となっています。 稼げるからという理由だけでそういったジャンルに突入してしまうと、まったく稼げずに終わってしまうはずです。 それに昨今のアフィリエイトでは昔のように文字数やキーワードを詰め込めば検索上位に食い込むことは少なくなり、Googleアルゴリズムのアップデートも激しいです。 仮に検索上位を獲得できたとしても、すぐに検索上位から圏外に飛ばされることも少なくないです。 その一方で、体験談を元にした記事は検索上位から飛ばされにくくなりました。 そのため、今からアフィリエイトを始めるなら、自分が体験談を書ける記事を積極的に書いていくべきです。 ブログ型のアフィリエイトといっても良いかもしれません。 参入するジャンルは需要があれば何でも構いません。 また、こういった話をすると、特化サイトなのか雑記サイトなのかが議論されますが、そういったことはあまり重要ではないです。 確かに、特化サイトであれば読者の直帰率が下がってGoogleからのサイトの評価が上がりやすいことは間違いないです。 少しでも早く稼ぎたいのであれば、特化サイトにするのも良いでしょう。 しかし、検索上位のサイトを見ていると、必ずしも特化サイトにはなっていないです。 つまり雑記サイトのような形であっても、勝機はあることを意味します。 昨今のアフィリエイト事情を見れば、記事単位でコンテンツが充実していれば問題ないです。 自分が書ける記事からどんどん書いて行けば、おのずとサイトの評価は高まってくるはずです。 ただし、アフィリエイトは不労所得にはならないので注意が必要です。 先に述べたように、Googleのアルゴリズムが変わってアクセスが激減したり、サイトが飛んでしまうこともあるからです。 常に探究心を持って取り組める方がアフィリエイトには向いているかもしれません。 変化を楽しみながら、常に試行錯誤していくことがアフィリエイトの成功につながるはずです。 とはいえ、書かなければ何も始まりません。 読者のことを考えながら自分が書ける記事を書き続けた結果、ボーナスがあるのがアフィリエイトです。 まずは一つでも多くの記事を書いていきましょう。